生活困窮者自立相談支援事業

  1. ホーム
  2. 利用したい
  3. 困ったときに利用したい
  4. 生活困窮者自立相談支援事業

自立相談支援事業(アウトリーチ支援)

生活困窮者自立支援法に基づき、「自立相談支援センターたかまつ」において、失業者・非正規雇用労働者や低所得世帯など第二のセーフティネットの対象となる生活困窮者の相談を行うとともに、自立支援の強化を図るため、支援プランの作成、情報提供、各種支援機関や相談窓口への同行等の支援を行います。また、新たに、相談に訪れることができない個人や家族に対して訪問(アウトリーチ支援)することで、早期に支援を行います。

住居確保給付金に係る相談事業

離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方には、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行います。
また、新型コロナウイルスの影響を受け、休業等に伴う収入の減少により、家賃の支払いに困り、住居を失うおそれが生じている方々について、家賃相当額を家主に支給するため支援を行います。



お問い合わせ

自立相談支援センター
087-802-1081