採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 高松市社協のこと

高松市社協のこと

組織紹介



経営クリエイティブ課



理事会等の会務運営や会計処理、労務管理や職員採用などのマネジメント業務と、社会福祉大会の開催や、動画の作成、SNSを活用した情報提供等、プロジェクト業務も担当します。組織運営において「人・もの・財源・情報」に関わる幅広い範囲を所管します。職員が明るく安心して働くことができる風通しの良い職場環境の形成に努めます。


採用担当者からのメッセージ


経営クリエイティブ課では、法人の会務運営や経理事務、職員の労務管理などあらゆる業務に幅広く携わります。他課の職員ともコミュニケーションをとり、法人の目指す基本理念を職場全体に伝えることも役割の一つです。決められた業務を忠実に遂行しつつも、広い視野で改善点を見つけ積極的に行動し、創造力を持って何事にも前向きにチャレンジすることのできる人材を求めます。

地域福祉課



地域共生社会の実現を目指して、地域の方のお困りごとに対して、まるごと福祉相談員の地域訪問を通して相談に応じています。権利擁護センターでは、高松市から中核機関の委託を受け、成年後見制度の利用促進や市民後見人の育成に努めています。また、地域の方が明るく安心して暮らしていける福祉のまちづくりの推進のため、各地区担当が、地域福祉ネットワーク会議で掲げられた地域の福祉的課題解決を目指した地域での取り組みについて、社協内の各相談窓口と連携する中で、地域、専門機関、行政の連携が円滑に進められるよう努めるなど、各種相談に対応しています。


採用担当者からのメッセージ


急速な少子高齢化の進行、人口減少、価値観の多様化など、地域社会を取り巻く環境は急激に変化し続けています。このような時代に、地域の方々と一緒になって、活力ある福祉の高松(まち)をつくっていくためには、業務の効率性・正確性にとどまることなく、時代の潮目をとらえ、自らがまちづくりの担い手であるという自覚を持ち、自発的に考え行動できる人材が必要であると考えています。

介護サービス課



要介護(要支援)認定を受けられた高齢者や障がいのある方に対して、居宅介護支援事業や訪問介護事業、訪問看護事業、通所介護事業等を通して、その方たちが、可能な限り住み慣れた地域や自宅で自分らしく暮らしていけるよう、相談から福祉サービスの提供までを行っています。


採用担当者からのメッセージ


介護サービス課が求める人材は、「3つの気」兼ね備えた人です。まずは、「やる気」。何事にも積極的に取り組むやる気のある人を求めます。そして、「元気」。いつも笑顔で活動的に働く人を求めます。最後に、「気配り」。利用者様にも職場の同僚にも心遣いができる人を求めます。

職種紹介

総合職

総合職は、地域福祉活動を推進する法人の発展・強化を担っていく中心的存在です。また、ゼネラリストとして担当課の業務を行う上でも、法人全体のことを考え、将来、管理職を期待される幹部候補の正規職員です。経営クリエイティブ課、地域福祉課、介護サービス課のそれぞれの課に配属されますが、全ての課において経営的視点を持ち、国の動向などの情報を常に把握し、それに対応した事業計画等を企画立案する等基幹業務に従事します。

福祉職

福祉職は、地域福祉活動や介護保険事業等を実践していくために、スペシャリストとして介護支援専門員や社会福祉士、介護福祉士、看護師等特定分野の専門資格を有し、地域住民の相談援助をはじめ各分野の最前線で福祉サービスを提供していく正規職員です。地域福祉課と介護サービス課に配属されます。

嘱託職員

嘱託職員は、1年ごとに雇用契約を更新していく有期契約の常勤職員です。任された専門業務の目的を理解し、報告・連絡・相談しながら特定の業務に従事します。

パートタイム職員

パートタイム職員は、半年ごとに雇用契約を更新していく有期契約の非常勤職員です。上司からの指示やマニュアルに基づき、報告・連絡・相談しながら定型の業務に従事します。

数字でみる高松市社協