地域共生社会とは『制度・分野ごとの「縦割り」や「支え手・受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が「我が事」として、世代や分野を超えて「丸ごと」つながる社会』です。この地域共生社会に向けて、まるごと福祉相談員が、地域に出向き“顔の見える関係”を大切に、関係機関等と連携を図りながら、高齢者のみならず、障がい者や子どもなど、分野を超えた地域づくりに取り組みます。

詳しくはコチラ(PDF)

地域に出向き、相談しやすい関係づくり